painto bloomoon

パステルアート/ハンドメイドアクセサリー/韓国語や英語/ドラマ映画/音楽/自身の体験した話など様々なジャンルを書いていく予定です。

ボーイフレンド

f:id:pastell:20210123114740j:plain

今日は、韓国ドラマ「ボーイフレンド」を紹介していこうと思っています。

2018年の11月~2019年の1月まで韓国で放送され、放送前から話題になり…初回放送時には全チャンネルの1位を独占したピュア・ラブロマンス作品です。

原題;「남자친구」➡(直訳;彼氏)

全20話

監督;パク・シヌ

(代表作「サイコだけど大丈夫」「嫉妬の化身~恋の嵐は接近中~」など。)

脚本;ユ・ヨンア

(代表作「タンタラ~君を感じてる」「キレイな男」など。)

【キャスト】:ソン・ヘギョ/パク・ボゴム/チャン・スジョン/ムン・ソングン/ナム・ギエ/コ・チャンソク/クァク・ソニョン/シン・ジョングン/ぺク・ジウォン/P.O(Block B)/キム・ジュホン/チャ・ファヨン/キム・ヘウン/チョン・ソ二/キム・ホチャン/イ・シフン/パク・ジンジュ/パク・ソングン/キル・ヘヨン/イ・ドンヒ/ソン・ユヒョンさんなど。

【ストーリー】;有名政治家の娘で、大学卒業後に財閥御曹司と結婚しますが…夫の浮気で離婚し慰謝料としてホテルの代表に就任したヒロイン。

たった数年で業界トップのホテルに成長させたヒロインは、新しいホテルを建設するためにキューバを訪れます。

キューバの夕焼けを見ようと、夕焼けの見えるスポットに行く途中でひったくりに遭ってしまいます。

何とか夕焼けの見えるスポットにたどり着き、そこで就職前に…ひとり旅をしている青年に出会います。

お互いに素性は知らないがらも、惹かれあっていた2人でしたが…

それぞれが後ろ髪を引かれる思いで韓国に帰国します。

新入社員としてホテルに入社した主人公は、自身が入社したホテルの代表は…キューバで出会って惹かれていた女性だと知ります。

今まで自分の気持ちを優先して生きたことのないヒロインと、立場や年齢を気にすることなく接してくる主人公のピュアなラブストーリーな作品です。

ここからは、この作品についての感想などを書いていこうと思っています。

長い文章になりますので、遠慮したい方は飛ばして頂いても大丈夫です。

この作品の最初に登場してくるキューバの街並みや景色が、とても綺麗で色鮮やかだったのが印象に深く残っています。

このドラマで登場するヒロインは、財閥の娘で不自由なく育った環境はありますが…すべて誰かの意思で人生の選択肢を決められてきたという切なさを胸に抱えているようなキャラクターです。

財閥という家庭環境や自分の意思を閉じ込めて、何でもなく日々を過ごす姿がとても健気に物悲しく見えるように感じた部分がありました。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

 

カラフルな蜘蛛の巣

f:id:pastell:20210123113533j:plain


 

今日は、パステルアート」を紹介していこうと思っています。

蜘蛛の巣を色んな色を使用して、描いてみました。

ここからは、この作品についての製作過程や説明などを書いていこうと思っています。

長い文章になりますので、遠慮したい方は飛ばして頂いても大丈夫です。

1.【背景を描いていきます。】

パステルアートで使用するクレヨンようなものの「薄いピンク色」「ピンク色」「オレンジ色」「緑色」「黄緑色」「青色」を、「カッター」を使用して削っていきます。

削った粉を、全体的にそれぞれ色が混ざらないように塗っていきます。

2.【蜘蛛の巣を描いていきます。】

パステルアートで使用するクレヨンようなものの「ピンク色」「黄色」「オレンジ色」「薄い黄緑色」「濃いめの黄緑色」「水色」「赤紫色」「緑色」「青色」を使用して、直接…蜘蛛の巣になるように色を変えながらそれそれ描いていきます。

3.【三日月の型を製作していきます。】

画用紙に三日月のシルエットの形を描き「カッター」使用して切り抜いていきます。

4.三日月の中の色を塗っていきます。

三日月の型を配置して、パステルアートで使用するクレヨンようなものの「薄いピンク色」「ピンク色」「水色」を…「カッター」使用して削っていきます。

削った粉を、それぞれ三日月の型の中に塗っていきます。

の方は➡「薄いピンク色「ピンク色」少し重ねるようにしてグラデーションになるように塗っていきます。

の方は➡「水色」を塗っていきます。この際に、中央部分はグラデーションになるように薄めに塗っていきます。

5.【「星のフレーク」を蜘蛛の巣の中と三日月の中につけていきます。】

「青色の星のフレーク」「黄色の星のフレーク」「薄いピンク色の星のフレーク」「ピンク色の星のフレーク」「紫色の星のフレーク」を、「ピンセット」と「トップコート使用して接着していきます。

この際に、それぞれの色の星のフレークをランダムに接着していきます。

「三日月」の中には、「薄いピンク色の星のフレーク」接着していきます。

6.【「ホロ」と「花型のフレーク」をつけていきます。】

三日月の横に、「紺色のホロ」「青色のホロ」「紫色の花型のフレーク」をそれぞれ「ピンセット」と「トップコート使用して接着していきます。

7.【「ラメ」を塗っていきます。】

「ホロ」の横に、「ピンクとゴールドのラメ」をトップコート使用して塗っていきます。

8.「丸のフレーク」「花形のフレーク」「星のフレーク」をつけていきます。】

「丸のフレーク」「花形のフレーク」「星のフレーク」を、「ピンセット」と「トップコート使用して接着していきます。

「丸のフレーク」は、花の形になるように配置して接着していきます。

このような感じで、パステルアートを製作してみました。

【毎回、製作過程の説明が分かりづらいですが…】

この作品は、鬼滅の刃の那田蜘蛛山編に出てくる「累」というキャラクターからヒントを得て描いた作品です。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

 

サム・マイ・ウェイ~恋の一発逆転!

f:id:pastell:20210123114651j:plain

今日は、韓国ドラマ

「サム・マイ・ウェイ~恋の一発逆転!を紹介していこうと思っています。

2017年に韓国で放送され、放送中は視聴率や話題性で大ヒットしたマイウェイに夢に向かって進む過程を描いたラブコメディ作品です。

原題;「쌈마이웨이」➡(直訳;ケンカ・友達以上恋人未満/私の方法)

全16話

監督;イ・ナジョン/キム・ドンフィ

(代表作「オー・マイ・ビーナス」「ノクドゥ伝~花に降る月明り~」など。)

脚本;イム・サンチュン

(代表作「椿の花咲く頃」「堂々とせよ」など。)

【キャスト】;パク・ソジュン/キム・ジウォン/アン・ジェホン/ソン・ハユン/ソン・ビョンホ/キム・イェリョン/イ・エリヤ/チェ・ウシク/キム・ソンオ/キム・ゴヌ/ピョ・イェジン/チン・ジヒ/ファン・ボラ/クァク・ドヨン/イン・ギョジン/チェ・ドンヒョンさんなど。

【ストーリー】;主人公は高校時代、テコンドー選手として活躍しましたが…ある試合の良くない噂に巻き込まれて引退してしまいます。

現在は、ダニ駆除の仕事をして暮らしている主人公。

20年来の幼馴染みで・今でもお互いに向かいに住み、友達以上恋人未満の関係性を続けている友人のヒロイン。

アナウンサーを一時期は目指していましたが、現在はデパートの案内係の仕事をしています。

それぞれがあるふとしたきっかけで、夢を諦めきれなかった2人が…一度諦めた夢をまた志すようになります。

自身の道をそれぞれのペースで志しながら、夢に突き進む過程・恋愛を描いたラブコメディ作品です。

この作品のタイトルサムマイ・ウェイサムは…

韓国語の「싸움」➡(直訳:ケンカするという単語の略語)の➡(読み;ッサム)と恋人に発展しそうな可能性がある友達以上恋人未満の関係썸」➡(読み;ッソム)の意味合いも掛けているそうです。

썸」の単語が、自身は若干?「ッサム」に聞こえます。

「썸」という単語は、英語の「썸씽(Something)」➡(直訳;何か)からきているそうです。

この作品のタイトルは、「ケンカもしながらマイペースを貫きお互いの関係性を深めていく」という意味合いにもとれる気がしました。

韓国の恋愛ドラマでは、よくこの単語を耳にする機会があります。

日本語には、こういった単語はない気がするので…表現の幅が広がっていいなあ…と感じる単語でした。

夢を持っていても、現実の世界ではなかなか目指すことができず…途中で疲れてしまう。

そんな姿も描きながら、自分のペースで・自分の夢を追いかける眩しい姿に映ったドラマに思いました。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

 

 

ガラスドームのアクセサリー

f:id:pastell:20210123112814j:plain


 

今日は、「ハンドメイドアクセサリー」を紹介していこうと思っています。

ガラスドームのアイテムを使用して、アクセサリーを製作してみました。

ここからは、この作品についての製作過程や説明などを書いていこうと思っています。

長い文章になりますので、遠慮したい方は飛ばして頂いても大丈夫です。

「9ピン」「丸カン」「星のフレーク」「ホロのフレークについて、少し説明しておきます。

「9ピン」➡(9の形をしていて、ビーズを通せるようになっており、他のパーツとの接続がしやすいアイテムです。)

「丸カン」➡(パーツとパーツを通すための仲介のような役割をしてくれる接続パーツです。)

「星のフレーク」➡(ネイルやハンドメイドなどに使用するアイテムです。)

「ホロのフレーク」➡(ネイルに使用するアイテムです。)

1.「ガラスドーム」の中に、「シェルフレーク」「星のフレーク」「ホロのフレーク」を入れていきます。

「ガラスドーム」には、「ピンク色のシェルのフレーク」「ピンク色のホロのフレーク」ガラスドームの半分くらい?に入れていきます。

「ガラスドーム」には、「青色のシェルフレーク」「ピンク色のホロのフレーク」「水色の星のフレーク」ガラスドームの半分くらい?に入れていきます。

「ガラスドーム」の蓋を接着していきます。

「ガラスドーム」蓋の裏の部分に、「接着剤」を塗り蓋を閉じていきます。

「ガラスドーム」の表の蓋の部分に、それぞれ「ホロ」などのアイテムをつけていきます。

2.「ビーズパーツ」を製作していきます。

「9ピン」9の形を逆さまにして「小さなクリアなビーズ4つ」「パールビーズ1つ」の順に通していきます。

「9ピン」のはみ出た部分「ペンチ」の先端を使用して曲げていきます。

曲げる際に、「9ピン」のはみ出た部分の長さが長い場合「ペンチ」を使用してカットしてから曲げてください。

(もう片方も、同じように製作していきます。)

3.「ビーズパーツ」と「ガラスドーム」を繋げていきます。】

「ビーズパーツ」の接続パーツ(丸カン)を通すスペース部分を、「ペンチ」を使用して隙間を空けるようにして開きます。

隙間を開いた部分に、「ガラスドーム」の接続パーツ(丸カン)を通すスペース部分を通していきます。

開いた部分を、「ペンチ」を使用して閉じていきます。

(もう片方も、同じように製作していきます。)

4.3.で製作したパーツとピアスのパーツを繋げていきます。】

「ビーズパーツ」の接続パーツ(丸カン)を通すスペース部分ピアスの接続パーツ(丸カン)を通すスペース部分に、「丸カン」を「ペンチ」を使用して通していきます。

この作業を両方に行えば製作終了です。

このような感じで、アクセサリーを製作してみました。

【毎回、製作過程の説明が分かりづらいですが…】

この作品は、ガラスドームが右と左では…色などが異なるアイテムを詰めて製作してみたアクセサリーになっています。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

 

REDリターンズ

f:id:pastell:20210123115544j:plain


 

今日は、洋画REDリターンズを紹介していこうと思っています。

2013年にアメリカ・日本で公開された、豪華共演キャスたちが送る前作「RED」の続編を描いたアクション・コメディ作品です。

原題;「RED2」➡(直訳;レッド2)

監督;ディーン・パリソット

(代表作「ビルとテッド時空旅行 音楽で世界を救え!」「ディック&ジェーン 復讐は最高!」「グッドワイフ」シリーズなど。)

脚本;ジョン・ホーバー/エリック・ホーバー

(代表作「ホワイトアウト」「バトルシップ」など。)

原作;ウォーレン・エリス/カリス・ハムナー

キャスト;ブルース・ウィリス/モーガン・フリーマン/ジョン・マルコビッチ/ヘレン・ミレン/メアリー=ルイーズ・パーカー/アンソニー・ホプキンス/イ・ビョンホン/キャサリン・ゼタ=ジョーンズ/ニール・マクドノー/デビッド・シューリス/ギャリック・へイゴン/ティム・ピゴット=スミス/ブライアン・コックス/スティーブン・バーコフ/ギャリック・へイゴンさんなど。

ストーリー;恋人と一緒に毎日、平穏で楽しい生活を送っていた…かつて活躍した元CIAエージェントの主人公。

現役時代に関わった…32年前に1度失敗したミッションが発端となり、再び命を狙われるはめになった主人公とその仲間たち。

引退しても衰えない戦闘能力と情報収集力を武器にして、様々な情報を探るうちに…諜報機関や殺し屋に命を狙われていることが分かります。

殺し屋の暗殺者リストに記され命を狙われながらも、優れた戦闘能力で敵を交わしていく…今作もスリリングなアクション満載のアクション・コメディ作品です。

続編となるこの作品は、ゲスト?のキャストがとても豪華です。

アカデミー賞を受賞している名優;アンソニー・ホプキンスさんやキャサリン・ゼタ=ジョーンズ」さんの2大アメリカスター

そして韓国からは、イ・ビョンホンさんが新たに出演して…続編「REDリターンズ」のストーリーをさらに盛り上げています。

もともとのキャストの方々もかなり豪華ですが、続編では…いっそう華やかにゲスト?のキャストの方々の出演により見ごたえあるアクションになっている気がします。

ここからは、この作品についての感想などを書いていこうと思います。

前作「RED」がとても面白かったので、続編をひそかに期待していました。

今作は、前作よりも割とスリリングなアクッションが多めに盛り込まれているような作品なように感じます。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

 

 

様々な色と黒猫

f:id:pastell:20210123113442j:plain


 

今日は、パステルアート」を紹介していこうと思っています。

黒猫と足跡をモチーフにして、描いてみました。

ここからは、この作品についての製作過程や説明などを書いていこうと思っています。

長い文章になりますので、遠慮したい方は飛ばして頂いても大丈夫です。

1.【背景を描いていきます。】

パステルアートで使用するクレヨンようなものの「青色」「紫色」「薄いピンク色」「オレンジ色」「緑色」を、「カッター」を使用して削っていきます。

削った粉を、4つに分けてそれぞれ塗っていきます。

端の色を濃いめに、中央部分を薄めにグラデーションになるようなイメージで塗っていきます。

2.四角形とひし形を描いていきます。】

「消しゴム」を使用して、「四角形」を描きながら消していきます。

次に、「ひし形」を同じく「消しゴム」使用して消しながら描いていきます。

3.黒猫の型を製作していきます。】

画用紙に、黒猫の形のシルエットを描き「カッター」使用して切り抜いていきます。

4.黒猫を描いていきます。

中央部分に、黒猫の型を配置して…パステルアートで使用するクレヨンようなものの「黒色」「カッター」使用して削っていきます。

削った粉を、黒猫の型の中に塗っていきます。

5.足跡を描いていきます。】

黒猫の右横に…「消しゴム」を使用して、足跡の丸〇の部分になるように描きながら消していきます。

パステルアートで使用するクレヨンようなものの「赤色」「緑色」「ピンク色」「青色」「オレンジ色」「赤紫色」を、「カッター」使用して削っていきます。

削った粉を、「綿棒」を使用して…足跡の丸〇の形になるようにそれぞれの色を塗っていきます。

6.【四角形やひし形の外枠?のラインを描いていきます。】

パステルアートで使用するクレヨンようなものの「水色」「赤紫色」「緑色」「オレンジ色」「ピンク色」「薄いピンク色」を使用して、直接…四角形とひし形の外枠?のラインを描いていきます。

「四角形」には➡(「水色」「赤紫色」「緑色」「オレンジ色」「ピンク色」をそれぞれ使用して描いていきます。)

「ひし形」には➡(「薄いピンク色」を使用して描いていきます。)

このような感じで、パステルアートを製作してみました。

【毎回、製作過程の説明が分かりづらいですが…】

この作品は、黒猫が異世界の中央にいるイメージで描いてみました。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

 

レッド/RED

f:id:pastell:20210123115346j:plain


 

今日は、洋画「RED/レッド」を紹介していこうと思っています。

2010年にアメリカで公開された、スリリングなアクション満載のアクション・コメディ作品です。

原題;「RED」➡(直訳;引超危の頭文字をとって、レッド。)

※後ほど詳しく説明していきます。

監督;ロベルト・シュヴェンケ

(代表作「ちいさな独裁者」「きみがぼくをみつけた日」「フライトプラン」など。)

脚本;ジョン・ホーバー/エリック・ホーバー

(代表作「ホワイトアウト」「バトルシップ」など。)

原作;ウォーレン・エリス/カリー・ハムナー

【キャスト】;ブルース・ウィリス/モーガン・フリーマン/ジョン・マルコビッチ/ヘレン・ミレン/メアリー=ルイーズ・パーカー/カール・アーバン/リチャード・ドレイファス/ブライアン・コックス/アーネスト・ボーグナイン/ジュリアン・マクマホン/レベッカ・ピジョン/クリス・オーウェンズ/ジェームズ・レマー/ドミトリー・チェポヴェツキー/マシュー・オルヴァーさんなど。

【ストーリー】;元CIAの腕利きスパイだった主人公は、引退した生活を静かに送っていました。

ある日、何者かに明らかに…主人公を標的とした襲撃を受けます。

その真相を探るために、年金電話係のスタッフを通して…初めは独自に探っていきます。

もっと真相を追求するために、かつてCIAエージェントだった優秀な同僚や上司たちを招集することにします。

現役時代には、派手に活躍したCIAエージェントたちが送る痛快アクション・コメディ作品です。

この作品のタイトルREDは、「赤」という意味のレッドではなく…ちゃんと意味のある言葉の頭文字をとったものなんだそうです。

REDとは…

➡(Retired Extremely Dangerous』の頭文字をとったものです。)

➡直訳退した超危険人物』という意味の単語みたいです。

この単語の意味は、ネタバレになってしまいますが…

この作品の最初の方で、主人公を演じたブルース・ウィリスさんが確かこの単語を説明していました。

この作品は、原作がアメリカンコミック(通称;アメコミ)なようです。

この作品の原作者➡ウォーレン・エリスさんは、アメコミ界では知らない人はいないと言われているほど有名な作品を世に送り出している方だそうです。

原作があるとは、知りませんでしたが…アクションがありながらも恋愛やコメディも取り入れられた見ごたえのある作品だと感じます。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。